スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
やめらんない
2007 / 09 / 05 ( Wed )
NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)


この間途中までしか読んでなかった2巻を読み終えて、ものすごく3巻を読みたい衝動に駆られました。(笑)
んで昨日買った文庫版。

授業中ちょこちょこ読みました。古典だったからね…。
ネズミすきなので、出てそうなところをパラパラ見ていたのです。
ブクログの他の方の感想読んだら皆さんアレを書いてたのですが。
てことは反応して良いんだよね…あのシーン。
いやー、びっくりした。(笑)見間違いかと思った。
一回本閉じて、
(え?!今のなんだろう。いや、おかしいだろ。紫苑と沙布だったかも!そうだよ相手は沙布だよ!)
と思ってもう一回見てみたら紫苑とネズミだったという。
ちょっと萌えたよこのやろう。
すいません嘘です。かなり萌えました。

何があったかはご想像にry。
18 : 52 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メフィストフェレスの骨から生まれた | ホーム | 残酷な結果>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akao.blog6.fc2.com/tb.php/309-d2ae445d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。